あらちゃんブログ「最高のプレゼント」 | 本厚木the VOGUE(ヴォーグ)

本厚木水着キャバクラthe VOGUE(ヴォーグ)メインビジュアル

本厚木の水着キャバクラならthe VOGUE > 在籍キャスト > あらちゃん > あらちゃんブログ > 「最高のプレゼント」

CAST BLOGあらちゃんブログ

ケータイはこちらから

2017/12/25(Mon) 05:13

最高のプレゼント


僕は中学生になる前まで、サンタクロースの存在を信じていました。


子供の頃、家は貧しくて母さんはスナック、父親は工事現場で泊まり込みの日常。

僕と妹はクリスマスを家族で祝った事がありません。

でも、サンタクロースは毎年必ず来てくれて、枕元にプレゼントを置いてくれました。

それも毎年必ず決まっていて、それはボール紙の長靴に入ったお菓子の詰め合わせでした。

多分、500円位のプレゼントが嬉しくて、妹と中身のお菓子を取り替えあったりしました。


疑問点がありました。


友達に聞くと、プレゼントに大きな差がある事です。

ファミコンが貰える子もいれば、何も貰えない子もいる。

両親に話すと、親父に提案されました。

「欲しいものを手紙に書いて、ポストに入れておけ」

翌年のクリスマス前に、妹と一緒に書いた手紙をポストに入れました。

封筒がポストから無くなり、これで願いは叶うと思いきや、叶ったのは妹だけで、僕はいつもと同じ長靴でした。

でも、不満はありません。

何故なら、サンタクロースの正体を見てしまったからです。

彼は玄関の鍵を開けて家に入り、僕らの枕元にプレゼントを置いた後、流し台の蛇口から直に水を飲み、泥だらけの作業服で出て行きました。


親父は小さな水道工務店を営んでいましたが、経営が苦しくて、職人を増やす代わりに自分の身を削って働いていました。

妹のリクエストに応えるだけでも、経済的に大変だったと思います。

僕は長靴だけでも貰えて良かったと思いました。


中学生になってから、休みの日は僕も工事現場に手伝いに行く様になりました。

クリスマスの夜は親父と泊まり込みでした。

数時間の仮眠中なのに、親父はどこかへ出かけて行きました。

多分、妹にプレゼントを届ける為でしょう。

妹も正体を知っていましたが、数日後に家へ帰っきた親父にサンタクロースが来た報告を一番にしました。

無口な親父は泡盛を呑みながら、嬉しそうに妹の話しに何度も頷いていました。


望んだものがその通りに手に入ったり、与えたりする事だけが幸せとは限らない。

ベストを尽くして相手を想えば気持ちは伝わるし、望んだ以上の幸せを得られる事。

僕は作業服のサンタクロースから教わりました。


それが僕の貰った、生涯色褪せる事の無い、

最高のクリスマスプレゼント…。





コメント(1)

この記事へのコメント

  • 2017/12/30 13:24:09 とっしー あらちゃん。さすが苦労人。偉い

コメントを投稿する

※絵文字はご利用いただけません。文字化けや文章が途中で途切れる原因となります。

以下のような内容については削除させていただく場合がございますのでご了承ください。
・他人を誹謗、中傷する発言
・公序良俗に反する内容
・その他不適切な内容